永久脱毛でコンプレックスをなくす

MENU

永久脱毛でコンプレックスをなくす

中学よりむだ毛をかみそりで剃ってるうちに、徐々に足の毛が濃くなってきていました。濃くなることが気になるものの剃らないという選択肢はなかったのでお風呂に入るたびに夏場は特に毎日のように剃っていました。剃ることに関しては、周りもしていたので抵抗なくしていましたが、やはりかたい毛が生えてくるようになってからは気になって気になって仕方がありませんでした。

 

その後学校卒業し、社会人になって自分でお金を稼ぐようになってからコンプレックスであったむだ毛の永久脱毛を一番にしようと考えました。私が通ったサロンはセット価格がお得であったので、手と足と脇の3つセットにしました。また、ここは2年クールと若干長めの期間で、私が通い始めた当時は1年が主流であったので即決でした。脱毛の機会は黒い部分に反応するとのことで、足の毛深さは2回施術したことで大分違いがわかるようになりました。劇的に変わっていったのでうれしくて仕方ありませんでした。

 

施術中はゴーグルをかけ光が目に入らないようにし、ジェルを塗って光を当てるのですが、冬場はそのジェルが冷たくて冷たくて鳥肌が立つくらいでした。サロンの方も「大丈夫ですか?」と声をかけてくれるくらいです。そして照射後は冷やしたタオルでしっかり冷やし保湿剤を塗って終わりです。照射時間は1秒ほどであるので、時間的にはそこまでかからないように思いますが、私の場合3箇所で1時間くらいはかかったと思います。

 

2年通い終了し、手と足はほぼばくなりましたが、脇はどうしても最期までなくなることがありませんでした。サロンの方に聞くと、うぶ毛のようなうすい毛は逆に反応力が弱いということでした。サロンによっては1年延長などお値段も少しお安くしたオプションがあると思います。お金もかかることですし私はとりあえず、一度そこで終了しました。しかし、夏になると少しであるものの脇にうぶ毛が気になり、結局1年後くらいにまた違うサロンに通うことにしました。

 

そこでさらに1年脇のみ継続しましたが、結局ツルツルにはなりませんでした。その頃にはもうあきらめて「このぐらいならさっと剃ればいいなぁ」と思うようになり現在に至ります。しかし、それからさらに濃くなったということはありません。ここまでくると自己満足の世界になるのでは、、、と思います。しかし、結果脱毛をしてよかっあなぁとやはり思います。コンプレックスがなくなったということもそうですが、剃ることにかかっていた面倒な作業も苦になることはもうありません。剃る作業から開放されました!!

 

脱毛キャンペーンまとめを見る